連夜の睡眠妨害!

8月1日(日)

昨夜も連夜の強烈な睡眠妨害がAM3:30~AM7:00頃まで続けられた。
最近特に睡眠妨害に執着しているようだが、長年被害行為をしているのに未だに精神病認定が出来ない事や、最近の行動が気に入らない他、睡眠起床時間調整等の理由だろうが、加害行為が馬鹿の一つ覚えで笑えてくる。
さすが朝鮮カルトの創価学会という感じだ!

そして最近の被害状況は、昼間自宅に居る時は、トイレ後にアクションを起こす仄めかしが基本に行われ、外出時や帰宅時や目的地到着時等に、監視尾行を仄めかす手口に全力で行って来ている。
そして睡眠時になると、科学力を使用した睡眠妨害と24時間の監視体制で嫌がらせが行われている。

※トイレ後の嫌がらせ(仄めかし)方法

①宅配便や郵便局が尋ねてくる。
②メールや電話が受信される。
③家族の外出帰宅時に合わせて電磁波で起床操作される。


※外出時帰宅時等の嫌がらせ(仄めかし)方法

①ヤマト運輸等の宅配便をタイミング良く自宅付近にいる。
②緊急自動車等をタイミング良く通過させる。
③ヘリコプターがタイミング良く頭上を通過する。

アンカリング クロネコヤマト編


アンカリング 佐川急便編


集団ストーカー(街宣・デモ編)03 緊急サイレン攻撃7連発



~集団ストーカー認知・撲滅の会から転載~
http://homepage3.nifty.com/gangstalking/

質問:何処へ行っても付回されるのはなぜですか?

回答1

方法①:携帯電話を持っているだけで位置情報(1点、2点、3点の基地局からの電波の強度) 地図上のポイントで半径約50mの精度でターゲットの位置捕捉が可能です。  GPS付き携帯電話でなくても場所を特定されます。
NTTなどのコントロールセンターでは基地局からの送受信信号により、携帯電話のある場所が半径約50mの範囲の精度で測定出来ます。
ビルの中に入り上階へ上がると半径50mの面積  50x50x3.14=7850平方メートル は、例えば10階建てのビルなら x10倍の78500平方メートルとなり見つかり難くなります。

質問2:携帯電話を持っていないのに何処へ行っても付回されるのはなぜですか?

回答2: 自宅内の全ての部屋が盗聴されており、会話することで何処へ行くのかは筒抜けです。
会話をしていない場合は、玄関を出た音と、自宅周辺に設置された盗撮器によりこれから目的地へ向う方向が分かります。 その後は、創価やプロの探偵が、盗撮により服装・カバン・髪型の特徴とターゲットの顔を思えていることから、電車の駅・パス停などに待機しているのでほぼ確実に所定の時刻に確認されてしまうと思われます。 
探偵・在日カルト達は、ターゲットを見失うと必死になって居場所を探そうとします。この光景は、雑居ビルなどの上階から道路を観察すると確認できます。同時に、どの人物が探偵・創価・在日カルトであるかも確認出来ると思います。被害者同士がグループになって調査するのも有効な手段と考えます。

質問3:人口衛星から生体情報を盗まれているので尾行・先回りが可能なのですか?

回答3:人口衛星からターゲットの生体情報を盗まれるほど精度が向上しているとは現在考えていません。
移動する車両・民家・ビルなどの建物から盗撮されています。

~転載終わり~
[PR]

by denjihasouka | 2010-08-01 15:45 | 被害報告  

<< 【ハイテク犯罪の世界初的証拠】... 深夜の強烈な睡眠妨害! >>